チャットレディはタトゥーが入っていてもOK?

タトゥーチャットレディ

「チャットレディにトライしたいけどタトゥー入っている」
「ネットの仕事でもタトゥーはOKなの?」
と心配になっている人のために、チャットレディはタトゥーを入れていてもOKなのかどうかを紹介していきます。
刺青をしている人が日本でも増えていますが、まだまだ悪いイメージが抜けないものですよね。
しかしチャットレディではタトゥーは関係ないのです!

タトゥー入りでも働けます

ずばりチャットレディはタトゥー入りでも働けます。チャットレディになるための条件は、満18歳以上の女性であること。
ネット上で男性とおしゃべりしたり、メールのやりとりをしたりするので中には接客業と思おっている人もいます。
しかしチャットレディ業界のサイトは、年齢と性別をクリアしていれば誰でも登録できるようにしているのです。そのためタトゥーは採用基準にはひっかかりません。
登録する時も、面接があるわけではないので面接官への印象を気にする必要もないのです!

なぜタトゥーには悪いイメージがあるのか

外国では身体にタトゥーを入れるのは当たり前ですよね。有名アーティストや俳優、シンガーだけでなく、一般の人でもタトゥーをしています。
しかし日本では、未だにタトゥーへの悪いイメージが抜けきっていません。
認識が変わってきているとはいえ、公共施設であるプールや銭湯も入場制限がかかっています。
なぜここまで悪いイメージが付きまとっているのでしょうか?
実は、タトゥーの悪いイメージがついてしまったのは江戸時代がキッカケなのです。

江戸時代では罪を犯した罪人に対して、入墨刑、墨刑といった刑がありました。
また売春婦(遊女)も、客への愛の証として身体にホクロのような墨を入れていたのでふしだらなイメージもついてまわっています。
北海道(アイヌ)や沖縄(琉球)とは別で、本州にはタトゥーの文化がなかったため中国の罪人に対する文化を真似したともいわれています。

現代の日本人男性はどう思っている?

歴史的な背景があるとはいえ、今は21世紀。日本人の考え方や価値観は、昔よりもグローバル思考になりつつあります。
では現代の日本人男性は、タトゥー女性のことをどのように感じているのでしょうか?
実は、タトゥー女性に対して抵抗を感じている男性はたくさんいます。
ファッションとしてワンポイント入れているだけでも、「ちょっとなあ…」と感じている男性が多いようです。
細かな理由をチェックしていきましょう。

〇清楚なイメージがない
〇女性がタトゥーをしていると交友関係が心配になる
〇固定概念がそもそも強い
〇偏見はないが単純にキライ

日本ではタトゥーをしている女性が少ないため、いざ身体に入れている人を見ると抵抗感を覚えるようですね。
また日本人男性は「清楚な女性」「真っ白な女性」と、ピュアさを大事にする傾向にあるためタトゥーをしていると清楚さが感じられないのかもしれません。

タトゥーの消し方講座

せっかくチャットレディに挑戦できると思ったのに、たかがタトゥーだけで仕事の邪魔はされたくないですよね。
そんな方にはおすすめの消し方を紹介していきます。

〇ファンデーションやコンシーラーを活用
〇ファンデーションテープやスプレーを使う
〇タイツやストッキングを着用する(足や太もも用)
〇髪型を工夫する(首元や耳を隠す)

その他にもよくスポーツしている人が使うテーピングがありますが、テーピングは白色なのでいかにも何かを隠しているのがバレバレ。
そのため2~3回であれば誤魔化せますが、ずっと付けているとさすがに見ている人も気になってしまうので他の手法に変更しましょう。

妊婦さんでもできるチャットレディ

妊婦でもチャットレディ

幅広い年齢層から人気を集めているチャットレディは、満18歳以上の女性が働ける職業です。
ネットを介して男性とやりとりをするため、全国のどこにいても自宅で働けるといった魅力があります。
オシャレに旅行、美容院、月1のマッサージもしたいけどお金がない!と嘆く人もいますよね。さらにそれに加えて妊娠しているとなると、バリバリ働くことなんて無理と感じてしまう人も。
そんな人におすすめなのが、チャットレディなのです。

妊婦でも働きたい人必見のチャットレディ

「出産時に備えてお金を貯めておきたい」
「将来の子どものために少しでもお金を作っておきたい」
すでに妊娠している、あるいはこれから妊娠する予定の女性にとってお金は死活問題ですよね。
しかし妊娠している身体でバリバリ働くと身体に負担がかかってしまい、母体と胎児に影響が出てしまいます。
もちろん「動いた方が健康的」と考えている人もいますが、妊娠している間は慎重になりたいですよね。
働きたいけど働けない、そのようなジレンマを抱えている女性にはチャットレディが最適です。

シフト提出、勤務時間縛り、面接、書類選考、すべて行なう必要がありません。どの時間帯に働くのか、また何時までチャットするのかも全部自分で決められます。
必要なのはスマホかパソコンなので、簡単にお仕事スタートできるのです。

チャットレディで妊婦はほとんどいない

チャットレディ業界には、一般女性が活動しています。
18歳になったばかりの子、20~30代の人、40~50代の熟女とさまざまなジャンルの人が活躍していますが妊婦はほとんどいません。
もちろん妊娠したばかりの時は、お腹の膨らみが画面越しでは分からないので中には妊娠していることを隠しながらチャットしている人も。
働き方は自由なので、隠すのも公表するのも本人の自由なのです。

「妊婦」というジャンルは逆に人気になる?!

なぜ妊娠している女性にチャットレディをおすすめするのか。それは男性の中には、妊娠している女性を見るのが好きという人もいるからなのです。
エロマンガやAVには、妊婦女性とセックスするなんてコアなジャンルがあります。
男性の性癖にはたくさんの種類があって、母性を感じる「妊婦」に興奮を感じる人もいるのです。
女性からすると、少し「ええ?」と思ってしまいますよね。しかしその性癖を上手く利用すれば、月に5~10万円以上稼ぐことも夢ではありません。

またチャットレディのお仕事をしている女性は、全国にたくさんいます。しかし妊婦というジャンルを武器にすれば、物珍しさに集客できること間違いありません。

実際に妊婦チャットレディはいる!

「本当に妊婦でチャットレディしている人なんているの?」と思っていませんか?
実はあるサイトでは、妊娠した後にチャットレディとして働いていた女性がいたのです。
その女性は妊婦であることを武器にして、1日に3万円稼いでいたとか…。
一般的なバイトで1日に数万円稼ぐのは無理ですよね。
水商売なら可能かもしれませんが、妊娠している女性に夜型生活は向いていません。それに妊娠している間にお酒を飲むのはできないのですよね。
しかしチャットレディなら、お酒を飲む必要もなく夜型生活になる必要もないのです。

副業を始める前に心構えは必要?

副業に備える

「毎月の収入をもう少し増やしたい」
「副業を始めたいけど何に手をつけていいのか分からない」
と本業とは別の仕事にトライしたいけれど、なかなか一歩が踏み出せないと感じている人は意外にもたくさんいます。
新しいことにチャレンジするのは、勇気がいりますし何よりも「損をしたくない」という気持ちが働きますよね。
そんな副業初心者の方には、仕事を始める前に必要な心構えを紹介していきます!
副業を始める際には、「とりあえずやってみる」という気持ちが大切なのです。

副業に必要な心構えをチェック

副業を始めたいと思っている人の大半は、新しいジャンルの職種にチャレンジしたいと思っている方やお金を稼ぎたいと思っているはず。
しかし副業は、本業とは違って強制力のない仕事ばかり。
そのためか稼げる前に諦めてしまう人がたくさんいるのです。そんな時に役立つ心構えをチェックしていきましょう。

〇最初はお試し気分で挑戦する
副業を始める際に必要なのは、なるべく早く行動に移すことからスタートするのが大切です。お試しでチャレンジして、自分に合わない職業かどうかを見極める必要があるためムリをする必要はありません。
特に何事も継続して続かないという方は、慎重にならずに気軽にトライできる職業から挑戦しましょう。

〇時間と労力が必要ということを知っておく
特にすでに企業に雇われている人は、会社員が本業ですよね。専業主婦や学生であっても、家事と勉学が本業です。
事情は人それぞれですが、副業はどのような背景を持っている人に関わらず時間と労力が必要になってくるということを理解しておきましょう。
臨時収入目的であったとしても、簡単には稼げないのが副業です。

〇甘い話しや誘惑には十分に注意する
副業とインターネットで検索をかけると、1日で数百万稼げるかのような文言を見かけることがありますよね。
例えネットの世界であったとしても、世の中そこまで甘くはありません。
有名な水商売の女性やホストなら稼げるでしょうが、いちからスタートする副業初心者で初日から稼げる人はいないのです。

いつでも辞められるお仕事を選びましょう

副業で大切なのは、いつでも始められていつでも辞められるという点です。
もしあなたの本業が忙しくなってしまい、副業に手が付けられなくなったとしても副業なので自分の都合に合わせて中断できます。

例えばネットの副業といえば、クラウドソーシングですよね。
性差なくスタートできるクラウドソーシングは、パソコンやスマホがあればできる仕事がたくさんあります。
仕事を受注する時も、自分がこなせる量を請け負えばいいだけなので、本業の空き時間の合間を縫って取り組めるのです。
仕事をもらうためには、クラウドワークスやランサーズといった専用サイトに登録する必要があります。
企業から仕事(案件)をもらって作業する仕組みになっているので、自分でもこなせそうな仕事を自由に選択できるのです。

女性にオススメの副業は?

「仕事」と聞くと、男性のイメージがありませんか?
一昔前までの日本では「男は仕事、女は家庭」という考えが根付いていました。
しかし不況が続いている中で、もはや仕事をするのは男性だけじゃないのが当たり前になっているのです。
働く女性、キャリアウーマンという言葉が飛び交っている現代では女性だってお金をたくさん稼ぎたいと思っているはず。
そんな女性にピッタリな副業を紹介していきます。

〇クラウドソーシング
〇アンケート調査
〇チャットレディ、メールレディ
〇ポイ活(ポイント活動)
〇レンタル彼女
〇パパ活

特にチャットレディ、メールレディ、レンタル彼女、パパ活といった職業は女性にしかできない仕事なのです。