副業詐欺に注意!金額に惑わされないで

詐欺副業

「副業って本当に稼げるの?」
「誰でも簡単にできるって本当?」
という不安を抱えている人ほど、副業詐欺に敏感なはず。
副業詐欺とは、「仕事あるよ!」「簡単に稼げるよ」と甘い言葉で誘い真剣に副業に取り組もうとしている人を騙すことを指します。
お金を稼ぐお仕事のはずなのに、なぜか投資家のように初期費用がかかったり登録料をとられたりするという詐欺が蔓延してきているのです。
副業詐欺に合わないためには、どのような手口があるのかをチェックしていきましょう。

副業詐欺の特徴をチェック

まずは副業詐欺の特徴を確認していきましょう。副業詐欺の特徴は、1日で100万円稼げる、株やFXでもないのに初期費用や登録料がかかるといったパターンがあります。
騙されないためにも、特徴をしっかりと理解して甘い言葉に気を付けましょう。

副業スタートの時にお金がかかる

副業は基本的に初期費用がかかりません。例えば女性から人気を集めているチャットレディやデータ入力、アンケート調査といった副業はすべて初期費用がかからないのです。
「うちで働きたいならまずは登録料と教材費」と言い出したら、辞退するのをおすすめします。
また近年ではコンサルティング料といって、WEBライターを指導するために料金をもらっているとウソをつく詐欺業者もいます。
WEBライターを欲している企業は、基本的に経験者を雇う傾向があります。
そのためネットを介してライターの仕事を受ける際には、特に注意が必要です。
「あなたと特別契約をしたい」と甘い言葉を投げかけて、コンサルティング料をねだってくるようなら取引は見直した方がいいといえます。

誇張宣伝をしているお仕事

副業をするなら稼がないと厳しいですよね。しかしいくら稼がないといけないからといって、誇張宣伝している業者にひっかかってはいけません。
どのような副業でも、初めはみんないちからのスタートです。初めから稼げる人はいないので、甘い言葉を投げかけてくる業者には注意しましょう。
例えば「1日に100万円稼ぎたいならココ!」「月に100万?〇〇なら簡単に稼げます!」と、明らかに常人では稼げない金額を提示している企業は怪しさマックス。
手を出さないようにしましょう。
もしどうしても気になるのであれば企業名をネットで検索して、口コミは本当に稼げるのかを検証している記事を参考にしてみましょう。

会社の情報が記載されていない

正当な商売をしている企業は、自分たちのサイトにもきちんと会社の情報を事細かに記載しています。
会社名、会社の住所、問い合わせ先はもちろんのこと、約款やプライバシー保護法といったものを記載しているかを事前にチェックしておくのが理想的です。
詐欺業者は、詐欺まがいのことをしていることがバレないようにと意図的に会社の情報を隠そうとしているパターンが非常に多いので事前にチェックしておくのは重要といえます。

詐欺の手口にもいろいろある

詐欺の手口には、大まかにわけて2パターンあります。

①副業のあっせんに関係している詐欺
②スマホやパソコンを使った詐欺

まず①の斡旋(あっせん)とは、仕事を依頼している人と仕事を受けたい人の間に入る仲介人のことを指しています。
手口としては、「仕事を紹介するから前料金払って」と紹介料をひったくるケースが非常に多く騙される人もたくさんいるのです。

②のスマホやパソコンを使った詐欺で多いのが、SNS関連の詐欺です。
インスタグラムやフェイスブック、ツイッターといったSNSを使って広告を掲載して詐欺に誘導します。
例えばインスタグラムでは、フォローしている者同士がやりとりをして「個人的に話がある」とダイレクトメッセージを送信してきます。
そこからURLを渡して、詐欺に誘導するというワケなのです。
特に女性が執着しやすいSNS系は、一番気をつけたほうがいいといえます。