チャットレディはタトゥーが入っていてもOK?

タトゥーチャットレディ

「チャットレディにトライしたいけどタトゥー入っている」
「ネットの仕事でもタトゥーはOKなの?」
と心配になっている人のために、チャットレディはタトゥーを入れていてもOKなのかどうかを紹介していきます。
刺青をしている人が日本でも増えていますが、まだまだ悪いイメージが抜けないものですよね。
しかしチャットレディではタトゥーは関係ないのです!

タトゥー入りでも働けます

ずばりチャットレディはタトゥー入りでも働けます。チャットレディになるための条件は、満18歳以上の女性であること。
ネット上で男性とおしゃべりしたり、メールのやりとりをしたりするので中には接客業と思おっている人もいます。
しかしチャットレディ業界のサイトは、年齢と性別をクリアしていれば誰でも登録できるようにしているのです。そのためタトゥーは採用基準にはひっかかりません。
登録する時も、面接があるわけではないので面接官への印象を気にする必要もないのです!

なぜタトゥーには悪いイメージがあるのか

外国では身体にタトゥーを入れるのは当たり前ですよね。有名アーティストや俳優、シンガーだけでなく、一般の人でもタトゥーをしています。
しかし日本では、未だにタトゥーへの悪いイメージが抜けきっていません。
認識が変わってきているとはいえ、公共施設であるプールや銭湯も入場制限がかかっています。
なぜここまで悪いイメージが付きまとっているのでしょうか?
実は、タトゥーの悪いイメージがついてしまったのは江戸時代がキッカケなのです。

江戸時代では罪を犯した罪人に対して、入墨刑、墨刑といった刑がありました。
また売春婦(遊女)も、客への愛の証として身体にホクロのような墨を入れていたのでふしだらなイメージもついてまわっています。
北海道(アイヌ)や沖縄(琉球)とは別で、本州にはタトゥーの文化がなかったため中国の罪人に対する文化を真似したともいわれています。

現代の日本人男性はどう思っている?

歴史的な背景があるとはいえ、今は21世紀。日本人の考え方や価値観は、昔よりもグローバル思考になりつつあります。
では現代の日本人男性は、タトゥー女性のことをどのように感じているのでしょうか?
実は、タトゥー女性に対して抵抗を感じている男性はたくさんいます。
ファッションとしてワンポイント入れているだけでも、「ちょっとなあ…」と感じている男性が多いようです。
細かな理由をチェックしていきましょう。

〇清楚なイメージがない
〇女性がタトゥーをしていると交友関係が心配になる
〇固定概念がそもそも強い
〇偏見はないが単純にキライ

日本ではタトゥーをしている女性が少ないため、いざ身体に入れている人を見ると抵抗感を覚えるようですね。
また日本人男性は「清楚な女性」「真っ白な女性」と、ピュアさを大事にする傾向にあるためタトゥーをしていると清楚さが感じられないのかもしれません。

タトゥーの消し方講座

せっかくチャットレディに挑戦できると思ったのに、たかがタトゥーだけで仕事の邪魔はされたくないですよね。
そんな方にはおすすめの消し方を紹介していきます。

〇ファンデーションやコンシーラーを活用
〇ファンデーションテープやスプレーを使う
〇タイツやストッキングを着用する(足や太もも用)
〇髪型を工夫する(首元や耳を隠す)

その他にもよくスポーツしている人が使うテーピングがありますが、テーピングは白色なのでいかにも何かを隠しているのがバレバレ。
そのため2~3回であれば誤魔化せますが、ずっと付けているとさすがに見ている人も気になってしまうので他の手法に変更しましょう。